スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.05.31 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

北九州市議会議員研修会

 7月23日、講師に国際東アジア研究センター所長の八田達夫氏をお迎えし、「北九州空港の利活用と産業、観光振興について』をテーマとして北九州市議会の研修会がありました。八田氏は、小倉高校卒業で、吉田通生前市議会議員とは同級生になるそうです。また、内閣府において国家戦略特区選定におけるキーパーソンでもあります。
講演では、今後旅客需要が伸びる中、拡張する可能性の少ない福岡空港の補完を視野に入れ24時間利用可能な空港の特性を生かした空港の活性化についてお話しいただきました。
また北九州市は、モノづくりの街ですが、製造業だけではなく、第3次産業の労働人口を増やすことの重要性を語られ、同じモノづくりの街として発展した川崎市と広島市は第3次産業の労働人口が増えており、今後の課題であることが分かりました。


議員を前に講演する八田達夫氏

スポンサーサイト

  • 2018.05.31 Thursday
  • -
  • 01:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック